「その動きなんですか?」相席スタートの山添寛が相方の山崎ケイが見せた異変に困惑

産経ニュース
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛
ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛

5月10日(火)、相席スタートの山添寛がラジオ番組『サクラバシ919』に出演。相方の山崎ケイに異変を感じたというエピソードを披露した。

同番組の火曜日パーソナリティーを務めている山添は、「ケイさんの様子がおかしかった」と告白。

というのも、ネタ中に山添が話すときは、山崎が山添の方に首を傾けて聞くのが通例。また、ネタ中に体を斜めに傾けてセリフをいうシーンがあったにもかかわらず、なぜか山崎は首をいっさい使わない動きを見せたと語る。

これに「なんのアドリブや?」と疑問を抱いた山添は、思わずネタ中に「その動きなんですか?」とツッコミ。すると、山崎は照れた様子で「首が痛くて…」と返答したという。

じつは、首を下に傾けた角度から動かすことができなくなってしまった山崎。横を向いても激痛が走るといい、首だけでなく体ごと動かさないと痛くてネタができないという状態になっていたと話す。

山崎の病状を心配した山添は、舞台裏でも「病院に行ってください」と声をかけたそう。

仕事に支障をきたすほど首を痛めてしまった山崎だが、その原因は「スマホで『ゴールデンカムイ』を読みすぎた」。

なんでも、『ゴールデンカムイ』を読み進めるうちに首に違和感を覚えたものの、マフラーを巻いて首を固定してそのまま読み続けるというムチャをし、最終的に首が動かなくなったのだとか。

このハプニングに山添は「こんなことあります?(笑)」と驚きながらも、「無事でよかった」と大事に至らずにすんだことに胸をなでおろした。

ラジオ番組『サクラバシ919』に出演している相席スタートの山添寛

パンサーの向井慧を絶賛

このほか、先輩であるパンサーの向井慧について「あの人は超人ですね! 芸人として優秀やなと、毎回思う」と絶賛する場面も。山添は、いつも期待された以上の仕事をきちっとこなす向井を尊敬していると明かす。

現在、5本のラジオ番組でパーソナリティーを担当している向井。それぞれの番組にコンセプトをもって臨んでいるだけでなく、番組の放送時間や、リスナーの層に合わせてしゃべり方やしゃべる速度まで変えているという。

さらに、息つぎの場所まで気を配って話しているといい、「度肝を抜かれた。俺には絶対むり!」と衝撃を受けたそう。

そんな向井のプロ意識の高さに、山添は「本当にすごい先輩をもった」とベタぼめしていた。(ラジオ大阪)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  5. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」