EUメディア300超に対価 グーグル、記事抜粋表示で

産経ニュース
グーグルのロゴ=2019年5月、米カリフォルニア州マウンテンビュー(ロイター=共同)
グーグルのロゴ=2019年5月、米カリフォルニア州マウンテンビュー(ロイター=共同)

米IT大手グーグルは11日、欧州連合(EU)で2019年に成立した改正著作権法に基づき、検索結果に記事の抜粋を表示した際に使用料を支払う契約を、これまでにEU加盟6カ国の300超のメディアと締結したと発表した。金額は明らかにしていない。

6カ国はドイツ、フランス、ハンガリー、オーストリア、オランダ、アイルランド。グーグルは今後、各国の数千のメディアと契約締結を目指すとしている。

EUの改正著作権法は、ニュースを検索した際にリンクのほかに内容の一部も表示した場合、対価支払いの対象とすることなどを盛り込んでおり、加盟各国が順次法制化している。

日本の著作権法では、ニュースコンテンツの一部を検索結果として表示しても著作権侵害に当たらないとされており、今回と同様の対価支払いは発生しない。(共同)

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害