「ロシア苦戦で中国も台湾侵攻に自信持てず」米情報長官が分析

産経ニュース
ヘインズ米国家情報長官(AP)
ヘインズ米国家情報長官(AP)

ヘインズ米国家情報長官は10日、ロシアがウクライナ侵攻で苦戦するのを見て、中国は台湾への軍事侵攻に「自信が持てずにいる」との分析を示した。中国は、軍事力行使の準備も進めているものの、外交や経済的圧力を通じた「紛争を伴わない、強制的な台湾統一を望んでいる」と指摘した。上院軍事委員会の公聴会で証言した。

同席したベリエ国防情報局長も、中国による台湾侵攻の可能性について「今はその準備ができていない」と分析した。

ヘインズ氏は、欧米が一致して厳しい対露制裁を打ち出したことに中国が「驚いている」との見方を示した。台湾侵攻の場合には米国による介入も想定しなければならず、確信が持てずにいるとの見解を表明した。(共同)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  4. 露副首相 北方領土「ロシアのものにする」

  5. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」