12日OA木村拓哉主演「未来への10カウント」第5話あらすじ 村上虹郎演じるスーパー1年生・西条桃介が入部!

イザ!

第5話で、ただひとり2回戦へ駒を進めたあかりも、圧倒的に格上の京明に破れてしまう。結果はともあれ、全力でぶつかったあかりを心からたたえる桐沢。ところが、京明に負けたことを理由に、麻琴は桐沢にコーチ解任を宣告。過去に幾度も人生の辛苦をなめてきた桐沢は、早々に「そういう人生だから、どうしようもない」と諦め、コーチおよび非常勤講師を辞めることになった。希望が見えない日々の中で、ようやく得た“生き甲斐”をいとも簡単に手放そうとする桐沢を、なんとか引き留めようとする折原。部員たちも一方的に告げられたコーチ解任に憤慨する。

折原は部員たちを鼓舞するため、甲斐に新コーチになってほしいと依頼。桐沢も「お前なら安心して、あいつらを任せられる」と、甲斐に同部の未来を託す。

ところがその矢先、大阪から凄腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)が転校してきて、同部に入部した。「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩く西条。彼の実力を見て「うちのエースになる!」と興奮する甲斐に、部員たちは反感を覚える。

そんな中、真面目な1年生部員・江戸川蓮(櫻井海音)が突然、行方不明になった。警察も動くほどの事態になっていると知った桐沢は心配でたまらず、江戸川を探す。部員の絶体絶命の危機に桐沢はとんでもない行動に出るが…。

桐沢祥吾役を演じる木村拓哉(左)と、折原葵の息子・圭太役の川原瑛都 (C)テレビ朝日
桐沢祥吾役を演じる木村拓哉(左)と、折原葵の息子・圭太役の川原瑛都 (C)テレビ朝日
折原葵役を演じる満島ひかり(右)と、甲斐誠一郎役の安田顕 (C)テレビ朝日
水野あかり役を演じる山田杏奈(左) (C)テレビ朝日
大場麻琴役を演じる内田有紀(左)と、猫林はじめ役の生瀬勝久 (C)テレビ朝日
松葉台高校ボクシング部の部員たち (C)テレビ朝日
折原葵の息子・圭太役の川原瑛都と、ひかりの妹・楓役の滝沢カレン (C)テレビ朝日
  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  5. ソニーの「着るエアコン」“バカ売れ” 猛暑追い風に「想定以上で推移」