「ちむどんどん」給料前借りで比嘉家の金銭事情に心配の声「計画性がなさすぎる」「今いくら借金してるの?」

iza
暢子(黒島結菜)(C)NHK
暢子(黒島結菜)(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第23話が11日、放送され、SNSではヒロイン一家の金銭事情が話題になった。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く同作。主人公の比嘉暢子を女優の黒島結菜が演じ、その家族として仲間由紀恵、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌が出演。語りをジョン・カビラが務める。なお、タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

友人の前田早苗(高田夏帆)から頼まれて参加した料理コンテストを通じ、東京で料理人になるという夢を見つけた暢子。ドラマは第5週「フーチャンプルーの涙」(第21~25話)が放送中だが、兄の賢秀(竜星)が投資詐欺に引っかかってしまったことで、比嘉家の経済事情がさらに苦しくなり、暢子の上京はなくなった。

時は流れて1972年2月、暢子は沖縄の内間食品に就職することが決まり、早苗は東京の大学に合格。暢子は思い出作りに、春休みに東京に遊びに行きたいと家族に頭を下げたが、姉の良子(川口)は「東京に行くお金がどこにあるん?寝ぼけたこと言わないで」と厳しい言葉を投げかけた。暢子と良子は言い合いになるが、実は良子は学校からお金を借り300ドルを工面。そのお金で暢子を東京に行かせてやりたいと考えていた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 18日OA間宮祥太朗主演「ナンバMG5」第5話あらすじ 少年忍者・小田将聖登場!吟子に勉強を教えるが…