初満塁弾一問一答

大谷翔平、エンゼルスに入って今一番楽しい?「そうですね。勝てば気持ちがいい」

サンスポ
大谷は六回に5号ソロ。10試合、42打席ぶりの一発にガッツポーズを作った(共同)
大谷は六回に5号ソロ。10試合、42打席ぶりの一発にガッツポーズを作った(共同)

(エンゼルス11-3レイズ、9日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(27)がレイズ戦に「3番・DH」で出場。六回に10試合、42打席ぶりの一発となる5号ソロを放つと、七回には日本ハム時代を含めて、キャリア初となる満塁本塁打をマーク。今季初の2打席連発で、日本選手では松井秀喜、イチローに次ぐメジャー通算100本塁打に王手をかけた。この日は3安打で自己最多に並ぶ5打点を挙げる大活躍で、チームの勝利に貢献した。

--ここまでいろいろな偉業を達成してきたが、満塁本塁打は初

「僕の中では打っていたと思っていたので…。知らなかったです」

――七回に狙っていた球種は

「球種は特に決めていない。甘い球が来たら打とうと思っていた。前がトラウト選手だったので、それに引き続きというか、そういう形で甘い球を打とうかな、と」

――エンゼルスに入ってから今一番、楽しいか

「そうですね。打撃であまり結果が出てないとか、いろいろありますけど、勝つに越したことはないですし、勝てば気持ちがいい。今の(状態)が続くように頑張りたいですし、悪くなったときにまた踏ん張れるように、頑張りたい」

――本拠地でようやく1本出た

「普通は本拠地の方が出るものだと思うんですけど、そこで出ないモヤモヤはもちろんある。必ず出ると思っていましたけど、早めに1本出したいなという気持ちはもちろんありました」

――少し楽になった

「そうですね。いい打席がいい結果につながれば、悪い結果になるよりは継続しやすい。いいイメージを持ちやすいと思うので、そういう意味ではホッとしました」

--今年はボールが飛ばないと言われている

「個人的にも感じますし、見ている感じでも、データも出るので、どのくらいのスピードで飛んでるというのは分かるので、去年よりは飛ばないという印象はあるかなと思います」

――4月の1試合2発との違いは

「あのときはたまたま出た感が強かったですけど、今日の2本は、しっかりいいイメージを持って打席に立っているので、そこは違うかなと思います」