駒大が国学院大に先勝/東都

サンスポ
国学院戦で勝利に貢献した駒大・岩本皓多捕手(撮影・山口泰弘)
国学院戦で勝利に貢献した駒大・岩本皓多捕手(撮影・山口泰弘)

東都大学野球春季リーグ第5週第1日(駒大5-2国学院大、11日、神宮)駒大が一回に2点を先制するなど、主導権を握って国学院大に先勝した。「5番・捕手」でスタメン出場の岩本皓多捕手(3年)が、一回2死一、二塁から左中間突破の2点適時二塁打。続く三回の2打席目は無死一、三塁から中犠飛を放ち、3打数1安打3打点で勝利に貢献した。

勝ち点1の5位で臨んだ国学院大戦。6位の日大も勝ち点1で、中大との対戦を控える。岩本は「積極的に振っていこうというチームの方針を意識して打ちました。打席の中で中途半端なスイングをせず」と直球を迷わずに強振した。

1点を返され、二回2死一、二塁で途中登板した2番手の東田健臣投手(2年)が、後続を断って好投した。175センチ、74キロの左腕は6回を2安打1失点に抑えて勝利投手。大倉孝一監督は「変化球でカウントを取れていた」と東田を投球内容を評価した。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走