早乙女勝元氏が死去 東京大空襲資料館名誉館長

産経ニュース
早乙女勝元氏
早乙女勝元氏

12歳で経験した太平洋戦争末期の東京大空襲の被害をまとめ、多くの著書を発表した東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)名誉館長で作家の早乙女勝元(さおとめかつもと)氏が10日、老衰のため埼玉県内の病院で死去した。90歳。東京都出身。自宅は東京都足立区。葬儀・告別式の日時、場所は未定。

約10万人が亡くなったとされる昭和20年3月10日の東京大空襲を経験。45年につくられた「東京空襲を記録する会」の中心として、被害の記録や記憶を後世に残そうと、人々の体験談や公の被害記録などを「東京大空襲・戦災誌」5巻にまとめた。

作家として「東京大空襲―昭和20年3月10日の記録」や「わが街角」など200冊以上の著書を刊行した。小説やノンフィクションにとどまらず、子ども向けの絵本や紙芝居などで戦争体験を伝え続けた。

平成14年に開館した東京大空襲・戦災資料センターの館長を17年にわたり務めた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛