日産が送り込む次世代のエース「アリア」 急先鋒「B6」に見る“BEV軍団”の戦闘力

SankeiBiz

待望の国産フルBEV(バッテリー電気自動車)の誕生である。日産「アリア」。近い将来のEV化路線を発表し、「リーフ」をデビューさせた日産が、強力なウェポン(武器)として開発した。全長は4565ミリ、全幅1850ミリ。数値にするとそれほど大きくは感じないのだが、実際に目の前にするとその堂々たる体躯に圧倒される。車両重量は1920キロ。搭載されるパワーユニットには余裕があり、航続可能距離はこれまでで最長の470キロ(WLTCモード)に達した。

日産「アリア」のベーシックモデル「B6」(2WD)
日産「アリア」のベーシックモデル「B6」(2WD)

国産初の「長距離BEVクルーザー」

リーフの航続可能距離は322キロ。バッテリー容量を増強した「リーフe+」が458キロ。それよりわずかに足を長くしたのだが、急速充電の効率を高めたことで、たとえば高速道路のサービスエリアなどでの30分充電での補充量が増えたという。国産初の「長距離BEVクルーザー」と呼びたくなる。

日産「アリア」のベーシックモデル「B6」(2WD)
日産「アリア」のベーシックモデル「B6」(2WD)

もっとも、今回デビューした「B6(2WD)」は、アリア軍団の先鋒である。バッテリー容量は66kWh。最高出力160kWのモーターを搭載。航続可能距離は470キロだが、次鋒、中堅、大将が控えている。

4WDの「B6 e-4ORCE」は66kWhで最高出力250kWを発揮。ハイパワーである。だが航続可能距離は430キロに下がる。さらに大容量の91kWhのバッテリーを搭載する「B9(2WD)」は最高出力179kW、航続可能距離はなんと610キロに達するのだ。

日産「アリア」のベーシックモデル「B6」(2WD)

その4WD仕様たる「B9 e-4ORCE」はさらに強力な290kWの出力を誇る。だが航続可能距離は580キロに留まる。というように、次なる刺客が控えているのである。グレード追加は夏頃を予定しているという。まずはベーシックな「B6(2WD)」でイメージ的な訴求を語ろうというのが日産の思惑である。

  1. 木の実ナナは泣き崩れ…小川知子は「心臓がドキドキ」 芸能界から悲しみの声

  2. 独占・スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」

  3. NHK「舞いあがれ!」第19週、インサイダー疑惑の悠人(横山裕)「倒れた!」朝ドラファン悲鳴…貴司(赤楚衛二)を尋ね秋月史子(八木莉可子)登場

  4. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」久留美(山下美月)の破局に「別れて正解」「悠人と幸せになってください」