まだ続く「白井審判、朗希に詰め寄り」余波 NPB理事会と12球団実行委員が騒動以降最初の会議 改めて行動規範について確認

ZAKZAK
広島・佐々岡監督(左)から選手交代を伝えられる白井審判=6日、マツダ
広島・佐々岡監督(左)から選手交代を伝えられる白井審判=6日、マツダ

ロッテ・佐々木朗希投手(20)が4月24日のオリックス戦で白井一行審判員(44)に詰め寄られた一件は、まだ余波が続いている。

9日に行われた日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会は騒動以降、全球団が一堂に会する最初の機会となった。

「会議の中で世間を騒がせた案件が起きないようにするために、審判員のあり方をどう考えるべきかという議論はありました」と話したNPBの井原敦事務局長。すでに24日の試合後に審判団は検証を行い、友寄正人審判長が「別の方法があったということを考えて対応するべきだった」と白井氏に指摘していたが、2日に全審判員を対象とした全体ミーティングをオンラインで実施し、冷静に務めることを確認していた。

  1. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「蓮舫氏は公人を辞めるべきだ」 二重国籍解消公表した自民・小野田紀美氏に直撃