早大が今季初の勝ち点 2019年夏の甲子園優勝投手の清水大成がリーグ戦初勝利/東京六大学

サンスポ
リーグ戦初勝利を挙げた早大・清水大成(右)と打線をけん引した中村将希(左)
リーグ戦初勝利を挙げた早大・清水大成(右)と打線をけん引した中村将希(左)

東京六大学野球春季リーグ第5週第4日(早大5-1東大、10日、神宮)早大は東大との4回戦に勝ち、2勝2分けとして勝ち点1を挙げた。

2019年夏の甲子園で大阪・履正社高のエースとして優勝に貢献した清水大成投手(3年)が五回から2番手で今季初登板し、4回3安打1失点。リーグ戦初勝利を挙げた。

清水は今春のオープン戦期間中に右足首を捻挫し、全治6週間との診断を受けた。練習ができない期間は体幹の強化やフォームの見直しに注力した。約2カ月間の離脱を乗り越え、神宮のマウンドに立った左腕は「けがで離脱した分、チームに貢献しようと思って投げました。(初勝利は)素直にうれしいです」と頬を緩めた。

打線は今季初の2桁安打となる10安打を記録。3番の中村将希内野手(3年)が2安打2打点とけん引し、「前半戦は苦しい形で思うようなバッティングができなかったけど、いい感覚になってきた。打てる自信がありました」と胸を張った。

投打がかみ合って今季初の勝ち点を挙げ、小宮山悟監督は「ようやく尻に火がついた感じ。学生たちも相当もがいていて一回り大きくなった。前半は思うようにならなかったが、後半は大丈夫と言い聞かせ、残りの2カードを全力で頑張ります」と話した。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑