政界マル秘紳士録

岸田文雄首相 参院選で勝利、脆弱な党内基盤固めれば長期政権も 「先見の明」はもっと高く評価されるべきか

zakzak
来る選挙戦を勝ち抜けば長期政権への道も開けてくる(共同)
来る選挙戦を勝ち抜けば長期政権への道も開けてくる(共同)

昨年9月の自民党総裁選で「経済安全保障」を訴えたのは、岸田文雄首相、ただ一人だった。今でこそ、世界的な新型コロナウイルス感染や、ロシアによるウクライナ侵攻を受けたエネルギーや食料の高騰など、「経済安保」に関する議論が盛んに行われるようになったが、当時はさほど注目される論点ではなかった。

岸田氏の「先見の明」は、もっと高く評価されてしかるべきだろう。

一方、岸田政権の党内基盤は脆弱(ぜいじゃく)である。何しろ、総裁選では決選投票までもつれこんだ末の当選だったのである。そこが、圧倒的な票差で選出された安倍晋三元首相や菅義偉前首相と違うところだ。

政権を支える主流派も、1回目の投票から岸田氏を支持したグループと、決選投票で支持に回ったグループとの混成チームだ。とても、「右向け右」で号令をかけられる状況にはない。

そのためか、岸田氏の政権運営は慎重である。党内各派や国民世論の動向など、八方への目配りを欠かさない。時にはメンツにこだわらず、方針転換もいとわない。「我慢」と「辛抱」の政権運営といっていい。

そんな岸田氏が最重点に位置付けるのが7月の参院選である。何としても勝利し、党内基盤を固めたいところだろう。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛