ここまで進んだ最新治療

ブタの力を借りた腎臓再生医療 現在はブタ―サル間で慎重に研究中 東京慈恵医科大学・横尾隆教授に聞く

zakzak
ブタの胎仔のニッチを借りて腎機能を再生させる
ブタの胎仔のニッチを借りて腎機能を再生させる

東京慈恵会医科大学は大手製薬会社などとの共同研究で、iPS細胞を用いた「胎生(たいせい)臓器補完法」という方法を使った腎臓再生医療の研究を進めている。

この方法がユニークなのは、動物の母体内の胎仔(たいじ)の体の中にある臓器がつくられるシステムを利用するところ。胎生臓器補完法を開発し、共同研究の中心メンバーである東京慈恵医科大学/腎臓・高血圧内科の横尾隆教授=顔写真=が説明する。

「胎仔の体の中には、受精卵から分化した各臓器の幹細胞(前駆細胞)が成長する『ニッチ』という場所があります。ここは、いわば臓器の赤ちゃんを育てる保育室のような場所です。胎生臓器補完法は、動物の胎仔のニッチに、別の動物から採取した前駆細胞を注入し、臓器を成長させる方法です」

つまり、腎臓がつくられる場所を、別の動物から借りるというわけだ。横尾教授ら研究チームは、すでに胎生臓器補完法による腎臓再生をラット―マウス間で成功し、腎機能が再生することを確認している。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に

  5. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声