桂春蝶の蝶々発止。

「コロナ自粛」はもうお腹いっぱい、甘い汁にありつきたい!! 現実と重なる「ぜんざい公社」

zakzak
GW終盤、移動する人々で混雑するJR東京駅の新幹線ホーム(共同)
GW終盤、移動する人々で混雑するJR東京駅の新幹線ホーム(共同)

ゴールデンウイーク(GW)中、千葉県鋸南町にある妻の実家に行きました。東急線で横浜駅まで行き、京急線に乗り換えて京急久里浜駅で降ります。そこからバスで久里浜港に行き、東京湾フェリーに乗って南房総の富津金谷港まで…。まあ芋を洗うような人、人、人でした。

コロナ自粛から解き放たれたような人々の大移動は、幕末の騒乱期に起こった民衆運動「ええじゃないか」よろしく、まるで一つのお祭りのように感じました。

私はとてもいい傾向だと思います。したり顔の専門家が何を警告しても、「コロナ自粛」はもう限界を迎えたのでしょう。一般大衆はコロナというものに「慣れてしまった」。それはウイルスに慣れたのではなく、コロナを取り巻くあらゆる情報に慣れてしまったのでしょう。「飽きた」と言ってもいいかな。

ワクチン推進派や反ワクチン派の意見をはじめ、マスクの有無をめぐる論争、あらゆる陰謀説、それらに翻弄される役所の始末など、これらに触れることにうんざりなんです。

マスクはする、消毒もする、アクリル板での食事も我慢する。だけど、旅行に行きたい、太陽の下でのんびりしたい…そう考えるのは当たり前ですよね。

さて、寄席も細々と生き残って頑張ってます。私はGW中、独演会3本と、寄席2本に出演しました。私が今回、好んで演じたのは「ぜんざい公社」という噺です。

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」