明大が1勝1敗1分けのタイに 蒔田稔が3安打で初完封「1回戦で負けて準備してきた」/東京六大学

サンスポ
明大・蒔田稔投手(中央)は3安打で初完封。ナインと喜びを分かち合った(撮影・赤堀宏幸)
明大・蒔田稔投手(中央)は3安打で初完封。ナインと喜びを分かち合った(撮影・赤堀宏幸)

東京六大学野球春季リーグ第5週第3日(法大0―2明大、9日、神宮)明大が1勝1敗1分けのタイに持ち込んだ。1回戦に先発した右腕・蒔田稔投手(3年、九州学院)が、3安打で初完封(2四球9奪三振)し、今季3勝目を挙げた。打線は三回、1死二、三塁で3番・宗山塁内野手(2年、広陵)が申告敬遠で1死満塁となったところで、4番・上田希由翔内野手(3年、愛産大三河)が中前に先制で決勝の2点打を放った。

蒔田は「1回戦で負けて準備してきた。気を抜かないように、ギアを入れ、コントロールミスをしないように投げた。バリー・ボンズのバットを2万4000円で買って、そのバットできょうは打てた」という。三回先頭では右前打で出塁し、先制のホームイン。早大1回戦(4月23日)の初完投から、初完封に好打の秘密を打ち明けるほど笑顔が弾けた。

田中武宏監督は「蒔田は不器用だけど、覚えたら忘れない。日々の積み重ね」と快投を称えた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛