大谷翔平が九回に同点2点二塁打 逆転サヨナラのホーム生還も

サンスポ
ナショナルズ戦の9回、同点の2点二塁打を放ち塁上でガッツポーズするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
ナショナルズ戦の9回、同点の2点二塁打を放ち塁上でガッツポーズするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

エンゼルス5×―4ナショナルズ(8日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(27)が「3番・DH」でフル出場。2―4の九回2死一、三塁で迎えた第5打席、88マイル(約142キロ)のスライダーを振り抜き、左中間フェンスを直撃する同点の2点二塁打を放った。塁上では右拳を2度突き上げ、喜びを爆発させた。

続くレンドンの中前打で二塁から一気に生還。逆転サヨナラ勝利となるホームに滑り込んだ。4打数1安打2打点、1四球だった。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏