大栄翔、母に贈る横綱撃破!「思い切った」 1横綱2大関が敗れる波乱の幕開け/夏場所

サンスポ

対戦成績はこれまで横綱の7勝4敗。だが、照ノ富士が新横綱だった昨年秋場所に金星を獲得。横綱に初の金星を配給させ、3月の春場所でも送り出して2個目の金星を奪う。そして、三役返り咲きを果たした今場所も土をつけた。横綱昇進後の照ノ富士にはこれで3勝2敗。〝天敵〟となり、「思い切り挑戦する気持ちでいけている。思い切った相撲を取れている」と自己評価も高い。

この日は「母の日」。大栄翔は小学校高学年のときから兄・一直さん(31)とともに母・高西恵美子さん(59)の女手一つで育てられた。当時、恵美子さんは夜中の午前0時から早朝5時まで弁当店に勤務しながら息子を育てた。そんな母へこの日、感謝を込めて生花を贈った。

業者が届けた時間帯に、あいにく恵美子さんは外出中。残された「不在連絡票」の宛名は、「志美子」になっていたという。恵美子さんは「名前の間違いはご愛嬌(あいきょう)。花はもちろんうれしいけど、横綱を破った白星がなにより。あっぱれです」と声を弾ませた。母へ贈った勝ち星には、情がいっぱい詰まっている。(奥村展也)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古舘伊知郎が見た〝伝説の一夜〟 井上陽水と玉置浩二、大御所2人を「黒子」にさせた中森明菜のすごみ

  5. コロナ感染急増も「50歳以下は自粛不要」と専門家 オミクロン派生型「BA・5」の置き換わり進む 「すでにかぜレベルに近い」児玉栄一教授