大谷翔平「突っ込むところだけ考えて」 起死回生の同点二塁打のあとサヨナラホームイン!

サンスポ
レンドンの適時打でサヨナラの生還を果たすエンゼルスの二走・大谷=アナハイム(共同)
レンドンの適時打でサヨナラの生還を果たすエンゼルスの二走・大谷=アナハイム(共同)

【アナハイム(米カリフォルニア州)8日(日本時間9日)】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(27)は、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたナショナルズとの交流戦に「3番・指名打者」でスタメン出場すると、2―4の九回2死一、三塁で左中間フェンス直撃の同点2点二塁打を放った。最後はサヨナラのホームを踏み、チームは5―4で逆転サヨナラ勝ちを収めた。大谷は4打数1安打2打点で1得点だった。大谷とジョー・マドン監督(68)のコメントは以下の通り。

――打者としての調子が戻りつつあると感じるか

大谷「ここ数試合は感じ的には悪くないので、良い感じに打球も上がってますし、あともうちょっとかなという感じなので、少し我慢が必要かなと思います」

――サヨナラのホームを踏んだ

大谷「最後の(ホームに)突っ込むところだけ考えて、2アウトだったので、いいスタートを切ること、いいベースランニングすること(を意識した)。いい打球だったので、ほぼ間違いなくかえれるかなと思ってました」

――大谷が、センターから左方向にいい打球を打ち始めた

マドン監督「確かにいい打球が飛び始めた。上がり過ぎの打球も多いが問題ない。こうやって良くなっていくのだろう。引っ張って転がすのは、彼本来の打球ではないから。引っ張るとトップスピンになりやすいが、センターからレフトの場合は良い回転もかかる。彼は良い感じになってきた」

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  4. 露副首相 北方領土「ロシアのものにする」

  5. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」