芸能ニュース舞台裏

日テレ「金田一」放送延期は過剰反応か? 知床での海難事故を配慮も…「はた迷惑でしかない」の声

zakzak

初代堂本剛→二代目松本潤→三代目亀梨和也→四代目山田涼介と、主人公「金田一一(きんだいち・はじめ)」のタスキをつないできた日本テレビ系の人気ドラマ「金田一少年の事件簿」。

「なにわ男子」の道枝駿佑(19)が五代目を務める最新シリーズの第2話の放送を、知床半島沖の海難事故に配慮して1週間延期すると日本テレビが発表したのは先週のこと。

「たった1週間延期して何が変わるのか。そもそもドラマの内容も海難事故とは無関係。過剰反応ですね」と情報番組デスクは冷ややかに見る。

「そこまでやられては困る、巻き込まれなければいいが、という懸念を、ある映画の関係者から聞きました」

今月20日に公開される映画がある。1年に一晩だけ、あらゆる犯罪が合法になる〝パージ法〟が施行されたアメリカが殺戮(さつりく)の地になるという「パージシリーズ」の最新作「フォーエバー・パージ」だ。映画ライターが伝える。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に