露大統領、侵攻を正当化 「戦争」宣言せず

産経ニュース
モスクワの「赤の広場」での軍事パレード後に言葉を交わすロシアのショイグ国防相(左)とプーチン大統領=9日(ロイター)
モスクワの「赤の広場」での軍事パレード後に言葉を交わすロシアのショイグ国防相(左)とプーチン大統領=9日(ロイター)

ロシアのプーチン大統領は9日、第二次世界大戦での対ドイツ戦勝記念日の式典で演説し、ナチス・ドイツとの戦いとウクライナでの軍事作戦はともに「民族保護」と「祖国防衛」が目的だと主張し、ウクライナ侵攻を正当化した。式典はモスクワ中心部の「赤の広場」をはじめ、国内各地で開かれ、恒例の軍事パレードも行われた。

今年は第二次大戦でナチス・ドイツに勝利してから77周年。プーチン政権にとって、対独戦勝記念の式典は国民統合を象徴する国家的行事となっている。

プーチン氏は演説で、旧ソ連軍は愛国心からナチス・ドイツ軍と戦ったと述べ、「祖国の防衛は常に神聖だ。現在、ロシア軍は(ウクライナ東部)ドンバス地域の国民とロシアの安全保障のために戦っている」と強調。ウクライナ侵攻を対独戦と同一視することで国民の団結を促し、兵士らを鼓舞した。

プーチン氏は北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大などを念頭に、欧米側はロシアによる相互安全保障の提案を拒否し、ロシアが併合したウクライナ南部クリミア半島のほか、ドンバス地域への攻撃作戦を準備していたと主張。ウクライナが核武装も示唆していたとし、侵攻は「必要で時宜にかなった、唯一の正しい決定だった」との認識を強調した。

演説ではウクライナに対する「特別軍事作戦」について、欧米で観測が出ていた「戦争」と言及することはなかった。一方、プーチン氏は死傷した将兵の子供への支援を定めた大統領令に署名したと発表。露軍の損害拡大を示唆した。

赤の広場で行われた軍事パレードには、約1万1000の将兵と、大陸間弾道ミサイル「ヤルス」や短距離弾道ミサイル「イスカンデル」、主力戦車「T72B3M」「T90M」など約130の地上兵器が参加した。昨年のパレードは約1万2000の将兵と約190の地上兵器が参加したが、規模は縮小された。戦線に投入されている主力戦車「T80」も不参加となった。

パレードでは当初、核戦争時に大統領らの搭乗を想定した空中指揮機「イリューシン80」の観閲飛行や、露国内で侵攻支持の象徴となっている「Z」字型をミグ29戦闘機8機が空中に描く編隊飛行も予定されていたが、悪天候を理由に実施は見送られた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に

  5. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声