大谷が九回同点二塁打 4打数1安打2打点 エンゼルス、サヨナラ勝ちで地区首位守る

産経ニュース
ナショナルズ戦の9回、同点の2点二塁打を放ち喜ぶエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
ナショナルズ戦の9回、同点の2点二塁打を放ち喜ぶエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は8日、アナハイムでのナショナルズ戦に「3番・指名打者」で先発出場。2-4とリードされた九回2死一、三塁での第5打席で、5番手右腕レイニーのスライダーを捉えてあわや逆転サヨナラ3ランかと思われた左中間フェンス直撃の同点二塁打を放った。続くレンドンの中前安打でサヨナラのホームを踏み、歓喜に酔った。4打数1安打2打点1得点、1三振1四球で、打率は2割3分5厘。チームは5-4で勝ち、タイガースに5-0で勝って7連勝としたアストロズに、0・5ゲーム差でア・リーグ西地区首位を守った。

ナショナルズ戦の9回、レンドンの適時打でサヨナラの生還を果たすエンゼルスの二走大谷=アナハイム(共同)
ナショナルズ戦の9回、レンドンの適時打でサヨナラの生還を果たすエンゼルスの二走大谷=アナハイム(共同)

相手先発は右腕フェディー。多彩な変化球で打ち気をそらしてきた。「母の日」とあってピンクのバットで打席に登場した一回1死一塁での第1打席は2球目のシンカーを打ち上げて左飛。三回1死一塁での第2打席は四球。五回1死走者なしの第3打席は中飛。投手が3番手右腕フィネガンに代わった七回1死一塁の第4打席は空振り三振だった。

指名打者の大谷は相手攻撃中、ベンチでピンクのバットを持ってフォームのチェックを絶えず行い、次の打席に備えていた。いまひとつ数字がついてこない打撃を上向かせるための準備が土壇場の同点二塁打につながったようだ。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  4. 露副首相 北方領土「ロシアのものにする」

  5. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」