城南宮のカキツバタ 1300株が見ごろ迎える

産経ニュース
緑の葉の中に鮮やかな紫の花が映えるカキツバタ=京都市伏見区
緑の葉の中に鮮やかな紫の花が映えるカキツバタ=京都市伏見区

城南宮(京都市伏見区)の神苑で、カキツバタが見頃を迎え、あでやかな紫の花が訪れた参拝者を楽しませている。

神苑では全長約50メートルの水路に1300株のカキツバタが植えられており、今月中旬にピークを迎えるという。9日、娘と訪れた大津市の運送業、平木克美さん(62)は「城南宮はよく来るが、これだけ咲いているのは初めて見た」と顔をほころばせた。

川崎重寿禰宜(ねぎ)は「新型コロナウイルス禍で息苦しい日々もあったが、花を見てほっとしてほしい」と話している。神苑の拝観時間は午前9時~午後4時(受け付け終了)。拝観料は大人800円、小学生500円。

  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析