ヤクルトが大勢撃ちでG倒3連勝!山崎逆転V打「直球一本で勝負を仕掛けていきました」

サンスポ
巨人に3連勝!! 173センチの山崎(右)は年下で188センチの村上に頭をなでられ、祝福された(撮影・長尾みなみ)
巨人に3連勝!! 173センチの山崎(右)は年下で188センチの村上に頭をなでられ、祝福された(撮影・長尾みなみ)

セ・リーグ首位のヤクルトは8日、巨人9回戦(東京ドーム)の九回に集中打で逆転し、4-3で勝利。東京ドームでは1997年以来25年ぶりの3連戦3連勝を飾った。代走で途中出場した山崎晃大朗外野手(28)が逆転の2点二塁打を放ち、これまでセーブ失敗がなかった巨人のドラフト1位・大勢投手(22)=関西国際大=を攻略した。

9回表、山崎晃大朗が逆転の2点適時左二塁打 =東京ドーム(撮影・今野顕)
9回表、山崎晃大朗が逆転の2点適時左二塁打 =東京ドーム(撮影・今野顕)

集中力を研ぎ澄ませた。2-3の九回1死一、二塁。山崎が巨人の守護神・大勢の初球、155キロの速球をはじき返した。白球は左翼手のグラブをかすめ、2者生還の逆転打。ベンチに向かって右拳を突き上げた。

「中村さんも塩見もすごく粘ってから塁に出てくれたので、後ろにつなぐことを意識した。直球一本で勝負を仕掛けていきました」

最終盤に打線がつながった。1死から代打・中村が左翼線二塁打で口火を切り、続く塩見は遊撃内野安打。七回に代走で出場していた山崎に打席が回った。「クローザーで真っすぐが強い投手。それをやっつけないと」。狙いを絞って攻略し、試合前までセーブ失敗のなかった大勢にプロ初黒星を付けた。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害