「監督はキムタクみたい」 WEリーグ初代女王・INAC神戸 GK山下杏也加手記

サンスポ
前半、田中美南(右)の先制ゴールをアシストし、喜び合うINAC神戸・山下杏也加=相模原ギオンスタジアム(撮影・蔵賢斗)
前半、田中美南(右)の先制ゴールをアシストし、喜び合うINAC神戸・山下杏也加=相模原ギオンスタジアム(撮影・蔵賢斗)

WEリーグ初代女王に輝いたINAC神戸のなでしこジャパンGK山下杏也加(26)が、本紙に独占手記を寄せた。18試合で6失点の堅守で優勝に貢献し、リーグの初代MVP候補にも上がる守護神は、優勝を決めたノジマ相模原戦でロングボールからFW田中美南(28)の先制点をアシスト。日テレ東京Vから移籍初年度の今季に懸けた思いや、同い年で共に鉄壁の守備を築いたなでしこジャパンDF三宅史織(26)と交わした言葉、星川敬監督(45)へのリスペクトを語った。

優勝したくてINACに来て、すごくいい形で優勝に貢献できました。移籍していろんなプレッシャーがあったし、サポーターの方にも一緒に優勝しましょうと伝えていました。有言実行できたことがすごくうれしいです。過去に優勝してきた中でも貴重なシーズンだと思います。

今季はとにかく失点しないことをすごく意識しました。ペナルティーエリア外からのシュートは止められる自信はあったので、DFには「打たせていいよ」と話して。1-0の試合が続いたときは難しかった。「この相手に1-0じゃないでしょ」「決めてくれ」って思いもありました。ベレーザ戦(4月3日、3-1で勝利)の勝ちは申し分なくて、そのエネルギーを毎試合出せればもっと良かった。「少し抜けちゃうINACがいるのかな」と思って、下位の相手こそぴりつきたい意識でやっていました。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図