フィリピン大統領選投票 マルコス元大統領長男優勢

産経ニュース
5日、フィリピン南部タグンでの選挙集会で、支持者の歓声に応えるマルコス候補(森浩撮影)
5日、フィリピン南部タグンでの選挙集会で、支持者の歓声に応えるマルコス候補(森浩撮影)

【マニラ=森浩】フィリピンで9日、大統領選の投票が行われた。事前の世論調査では、1986年まで20年以上独裁政権を築いた故マルコス元大統領の長男、フェルディナンド・マルコス・ジュニア元上院議員(64)が独走しており、レニー・ロブレド副大統領(57)がどこまで迫れるかが焦点だ。

選挙戦でマルコス氏は、国民の団結を呼びかけた上で、交流サイト(SNS)を駆使して温厚なイメージを演出。父の統治時代を、規律が保たれていて経済的に公平だった「黄金期」と美化し、貧富や首都マニラと地方の格差に不満を抱く層に食い込んだ。

政策面ではドゥテルテ政権の路線を継続する意向を示し、対外的には中国に融和姿勢で臨む可能性が高い。ただ、公開討論会出席を拒否するなど積極的な政策発信を控えており、実際の考えは不明な点が多い。

地元調査機関パルスアジアの支持率調査(4月実施)によると、マルコス氏は56%で、2位のロブレド氏(23%)を2倍以上突き放している。ロブレド氏はドゥテルテ大統領の政権運営を批判しており、強権的な政策を批判する層への支持拡大を狙った。

フィリピンの大統領任期は6年で、憲法の規定で再選は禁じられている。現職のドゥテルテ氏は6月末に退任する。大統領選と同時に実施された副大統領選は、マルコス氏と連携して選挙戦を戦ったドゥテルテ氏の長女、サラ・ドゥテルテ氏(43)=南部ダバオ市長=が優勢だ。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. 立川志らく「洒落がキツすぎます。あんパンの恩返しもまだしていない」 三遊亭円楽さん死去に悲痛