ロッテ・佐々木朗希、13日に因縁の白井審判と〝再戦〟か 「騒動が再燃しかねない」パ球団関係者は危惧

zakzak
佐々木朗(左から2人目)に早くも白井審判(右)が立ちふさがる⁉=4月24日、京セラドーム
佐々木朗(左から2人目)に早くも白井審判(右)が立ちふさがる⁉=4月24日、京セラドーム

ロッテの井口資仁監督(47)は8日、佐々木朗希投手(20)の次回登板が中6日で13日のオリックス戦(京セラドーム大阪)になることを明らかにしたが、令和の怪物最大の難敵が、早くも目の前に現れるかもしれない。

この日の試合後、報道陣から「(佐々木朗は)予定通り中6日で投げるのか?」と聞かれた指揮官は「はい、そうです。(準備を)やっています」と明言したが、これは大変な試合になりかねない。4月24日の一戦で〝恫喝(どうかつ)〟を受けた白井一行審判(44)が球審を務める可能性があるからだ。

白井審判は主に西日本の試合についており、6日は広島―DeNA戦(マツダ)の球審、8日は三塁塁審を務めた。現在は予備審判を含め5人一組のクルーで動いており、一般的に反時計回りで持ち場を変えるケースが多い。

10日からはソフトバンク対西武など3カードが2試合。白井審判がそのいずれかの試合を担当し、次がオリックス対ロッテの担当になると、13日は球審の順番になる。これはロッテ首脳陣の頭にも入っているはずだが、ローテーションをズラすことなく、佐々木朗を京セラのマウンドに送ることを決断した。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走