大谷が同点打に喜び爆発 二塁上で派手にガッツポーズ 走塁も全開

産経ニュース
ナショナルズ戦でサヨナラ打を放ったレンドン(左)を手荒く祝福するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
ナショナルズ戦でサヨナラ打を放ったレンドン(左)を手荒く祝福するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

エンゼルスの大谷翔平がナショナルズ戦の土壇場でチームを救った。2点を追う九回2死一、三塁で内角へのスライダーを捉え、左中間フェンス直撃の二塁打。2者が生還して追いつくと、塁上で何度も派手にガッツポーズをして喜びを表現した。

続く4番レンドンの打席では「いいスタートを切ることと、いいベースランニングをすること」に集中していたという。中前打に判断良くスタートを切ってスピードに乗り、長い脚でホームにぎりぎり滑り込んだ。

右股関節の張りのため1日の試合で代打を送られ、その後も走塁では大事を取ったプレーが続いていたが、全力疾走でサヨナラ勝ちをもたらした。(共同)

ナショナルズ戦の3回、四球で出塁し一塁塁審にあいさつするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
ナショナルズ戦の3回、四球で出塁し一塁塁審にあいさつするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  4. 露副首相 北方領土「ロシアのものにする」

  5. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」