小池祐貴「支援に見合った成果を」OSAKA夢プログラム第2期が始動/陸上

サンスポ
「OSAKA夢プログラム」第2期事業会見に臨んだ(左から)丸山優真、小池祐貴、秦澄美鈴、泉谷駿介
「OSAKA夢プログラム」第2期事業会見に臨んだ(左から)丸山優真、小池祐貴、秦澄美鈴、泉谷駿介

大阪陸上競技協会による「OSAKA夢プログラム」の第2期事業始動会見が9日、大阪市内で開かれ、小池祐貴(住友電工)、泉谷駿介(同)、丸山優真(同)、秦澄美鈴(シバタ工業)の4選手が参加した。

同事業は2015年に第1期が始まり、大阪から東京五輪代表選手の輩出などを目的に、選考を経て指定した陸上選手を支援してきた。今年4月から始まった第2期の事業費は3カ年累計で約1億2000万円を予定しており、関西の企業約50社及び個人からの寄付で運営される。第1期の18年からメンバー入りした小池は、陸上短距離で東京五輪に出場。「これだけの支援があることを自覚して取り組んでいきたい。今回は『五輪でメダルを』という言葉も耳にしている。多大な支援に見合った成果を出せるように頑張っていきたい」と語った。

110メートル障害で日本記録保持者の泉谷は、今春に順大を卒業して住友電工に加わり、第2期からメンバー入り。「新しく受け入れていただきありがたい。パリ五輪では決勝に進出し、メダル争いに食い込んでいきたい」と力を込めた。

現在指定されている選手は以下の通り。

第1期から継続:小池祐貴(住友電工)、佐藤友佳(ニコニコのり)、多田修平(住友電工)、松田瑞生(ダイハツ)、丸山優真(住友電工)

第2期から新たに指定:青山華依(甲南大)、アツオビン・ジェイソン(福岡大)、泉谷駿介(住友電工)、伊藤利来也(住友電工)、坂井隆一郎(大阪ガス)、塩見綾乃(岩谷産業)、田中佑美(富士通)、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、萩谷楓(エディオン)、秦澄美鈴(シバタ工業)、福田翔大(日大)、前田穂南(天満屋)



  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛