降格大山が意地の一発 終盤に逆転、3連敗阻止

産経ニュース
【プロ野球中日対阪神】7回、2点本塁打を放ちナインに迎えられる阪神・大山悠輔=バンテリンドームナゴヤ(水島啓輔撮影)
【プロ野球中日対阪神】7回、2点本塁打を放ちナインに迎えられる阪神・大山悠輔=バンテリンドームナゴヤ(水島啓輔撮影)

阪神は敗色ムードが漂い始めた1―3の七回に追い付き、八回にロハスの遊ゴロの間に勝ち越して3連敗を阻止した。これまで七回以降に劣勢をひっくり返して勝ったことがなかっただけに、矢野監督は「どんな形でも何とかしようというのが、今やれること」と話し、粘り強さを喜んだ。

意地を見せたのが大山だ。打撃不振が続いて7日に4番を外され、この日は7番に降格。「ここまでチームのためにできていなかった」と巻き返しを狙っていた。二回1死二、三塁では見逃し三振に終わったが「いつまでも引きずっていることはできない」と前を向く。七回無死一塁。柳の肩口から入るスライダーに全ての思いをぶつけ、左中間席にぶち込んだ。

昨年までの過去3年間で最も多く4番に座った主砲の復調はチーム浮上に欠かせない。監督は「中心になっていかないといけない選手」とさらなる奮起を求めた。

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」