リオ五輪金のベイカー茉秋が約2年6カ月ぶりの大会で準優勝「もう1回日の丸を背負って五輪で優勝したい」/柔道

サンスポ
男子90キロ級決勝でベイカー茉秋(手前)を下して優勝した田嶋剛希=講道館
男子90キロ級決勝でベイカー茉秋(手前)を下して優勝した田嶋剛希=講道館

柔道の全日本強化選手選考会最終日は8日、東京・文京区の講道館で男子7階級が行われ、90キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪金メダルのベイカー茉秋(ましゅう、27)=日本中央競馬会=が準優勝。決勝で田嶋剛希(24)=パーク24=に優勢負けした。

けがとコロナ禍の影響で19年11月のグランドスラム大阪大会以来、約2年6カ月ぶりの試合。ベイカーは初戦の2回戦から3試合を勝ち上がったが、決勝の延長戦で過去2戦2勝の田嶋に一本背負い投げで技ありを奪われて敗れた。

「相手が強かった。(24年)パリ五輪に向けて大会を重ねていって、感覚を取り戻していきたい」

昨夏の東京五輪代表や10月の世界選手権(タシケント)代表は出場しておらず、混戦の階級とはいえ現状では5、6番手と厳しい立場。10月の講道館杯、12月のグランドスラム東京大会で優勝して番手を上げたい。「負けて終わりたくない。また挑戦して、もう1回日の丸を背負って五輪で優勝したい」と猛追を誓った。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛