起死回生の一発 阪神・大山が同点の5号2ラン!「なかなか点を取ることができていなかったので」「よかったです」

サンスポ
七回、同点2ランの阪神・大山=バンテリンドーム(撮影・宮沢宗士郎)
七回、同点2ランの阪神・大山=バンテリンドーム(撮影・宮沢宗士郎)

(セ・リーグ、中日-阪神、8回戦、8日、バンテリンドーム)阪神・大山悠輔内野手(27)が起死回生の同点2ランを放った。「(西)純矢が頑張って投げてくれていましたし、なかなか点を取ることができていなかったのでまずは追いつくことができてよかったです。勝ち越せるように頑張ります」。1-3の七回無死一塁で打席へ。フルカウントから7球目、低め124㌔変化球をすくい上げた。打球は左中間スタンドに飛び込む同点の5号2ラン。飛距離は125メートルだった。大山は4月29日の巨人戦(東京ドーム)以来の一発。チームとしても4月30日の巨人戦(東京ドーム)の山本以来で7試合、63イニングぶり、チーム5月初本塁打となった。直近5試合でわずか1安打と苦しみ、7日には4番から6番に降格。この日は7番に打順を落とした大山が復調のきっかけをつかむ一発を放った。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張