競歩給水カップに消毒液 甲府、選手1人棄権

産経ニュース

甲府市で7日に行われた山梨県高校総合体育大会の女子5000メートル競歩で、給水用コップに誤ってアルコール消毒液を入れ、複数の選手が口にしていたことが8日、県高校体育連盟関係者への取材で分かった。

選手1人が直後に倒れ込んで嘔吐(おうと)し途中棄権したほか、2選手が口から吐き出して競技を続けた。3人は病院で治療を受けた。回復に向かっているという。担当者が競技場内の倉庫に保管されていたペットボトル3本からプラスチック製で透明のコップに注いで並べ、給水エリアを設置。1本が消毒液だった。倉庫で水と同じ箱に保管、ラベルもついていなかったため、水と思い込み使用したとみられる。

県高体連陸上競技専門部の沢辺拓也専門委員長は「選手に大変申し訳ない」などと陳謝。レースは記録を未確定とし、取り扱いを協議するという。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析