鯉将一問一答

広島・佐々岡真司監督「5月はこいのぼりの季節と、よくいわれる」 GW最終戦に今季最多21安打17得点

サンスポ
四回、満塁本塁打を放つ広島・末包昇大=マツダスタジアム(撮影・中島信生)
四回、満塁本塁打を放つ広島・末包昇大=マツダスタジアム(撮影・中島信生)

(セ・リーグ、広島17─3DeNA、9回戦、広島8勝1敗、8日、マツダ)広島がともに今季最多21安打17得点でGW最終戦を大勝で飾った。ヤクルトに敗れた巨人と入れ替わり、2位に浮上。試合後の佐々岡真司監督(54)の主な一問一答は次の通り。

──打線は見事なつながり

「初回、いいつながりで勢いに乗った。初回(1番のD3位・中村)健人がフォアボールを選んでキク(菊池涼)がバスターエンドランを決めてくれた。そのつながりが一番大きかったと思いますね」

──今季最多1試合5本塁打(西川、D6位・末包、マクブルーム2本、小園)。今まで出なかった

「打線というのはわからないもので、こういう展開がずっと続けば、ホームランが出て何もすることはない。基本はピッチャーがしっかりとね、守備でも今日もちょっと(2失策が)出ましたけど、その辺は勝ったときこそ締めていきたいと思います」

──D6位・末包が四回に満塁本塁打。持ち味が出た

「あそこで一発という魅力がある選手。使っている以上、期待に応えてくれてうれしい」

──球団の新人満塁本塁打は1992年の町田以来、30年ぶり

「満塁ホームランというのはなかなか見られるものではないですし、一気に4点が入るので大きい。彼は三振がありますけど、それが魅力でもある。日々成長していってほしいと思います」

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に