立大が東大に連勝で勝ち点2 磐城高出身の2年生右腕、沖政宗が粘投/東京六大学

サンスポ
2勝目を挙げた立大の沖政宗投手(左)と、4番で主将の山田健太内野手
2勝目を挙げた立大の沖政宗投手(左)と、4番で主将の山田健太内野手

東京六大学野球春季リーグ第5週第2日(立大3-2東大、8日、神宮)立大は東大に連勝し、勝ち点2とした。

前日7日の東大1回戦で八回途中から2番手で登板して初勝利を挙げた2年生右腕の沖政宗投手(福島・磐城高卒)がリーグ戦初先発。七回途中3安打2失点で2勝目を挙げ、「一人一人を打ち取る積み重ねと考えていました。先のことは考えず、自分がいけるまで全力で、と思って投げました」と汗を拭った。

この日は母の日。スコアボードの得点や名前はピンク色で表示され、選手(投手を除く)はピンクのリストバンドを着用してプレーした。沖は「母はいつも応援してくれている。(チームの)皆さんに支えてもらって勝つことができたので、いい日になったんじゃないかなと思います」と話した。

今秋のドラフト候補に挙がる山田健太内野手(4年、大阪桐蔭高卒)は、2―0の7回2死三塁から右中間への適時二塁打。「前の打席で凡退していたので、自分が打つという強い気持ちで打席に入りました」と振り返った。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害