不明12人の捜索続く 水中調査作業船、午後入港 観光船沈没から2週間

産経ニュース
「知床遊覧船」の事務所=7日午前、北海道斜里町
「知床遊覧船」の事務所=7日午前、北海道斜里町

北海道・知床半島沖の観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」の沈没事故は7日で発生から2週間となった。行方不明者12人は見つかっておらず、第1管区海上保安本部(小樽)などは同日も船舶6隻、航空機8機で捜索を続行した。沈没した船内外の捜索のため、海上保安庁と契約した専門業者の水中カメラ搭載の作業船も午後に網走港に入港する予定だ。

1管は5日午後から、捜索範囲を広げ、ロシアが実効支配する北方領土・国後島周辺の海域の捜索を実施。7日は強風など荒天が予想され、捜索は難航する見通し。不明者の発見は、4月28日を最後に途絶えている。

海保は、深い海へ潜ることのできる「飽和潜水」という特殊技術を持つ専門業者「日本サルヴェージ」と契約。同社の作業船「新日丸」は網走港に入港後、沈没現場に向かい、潜水のための事前調査を実施する。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図