曽我ひとみさん「解決意思感じた」 自民有志と面会

産経ニュース
自民党有志による議員連盟と面会後に取材を受ける曽我ひとみさん=7日午前、新潟県佐渡市(本田賢一撮影)
自民党有志による議員連盟と面会後に取材を受ける曽我ひとみさん=7日午前、新潟県佐渡市(本田賢一撮影)

北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(62)は7日午前、「佐渡島の金山」の世界文化遺産登録を目指す自民党有志の議員連盟(中曽根弘文会長)と新潟県佐渡市内で面会。曽我さんは面会後、報道陣に「(議連と話をして)今まで以上に一生懸命取り組んでいくという強い意思を感じた」と語った。

曽我さんは「私を含めて拉致被害者の帰国を長い時間待っている人たちにとって、一日一日が大切な時間になっている。国会議員と政府が一体となって、一日も早い解決のために尽力してほしいと心から願っている」と訴えた。

面会の様子は冒頭を除き非公開。曽我さんは「事件を風化させないため、国会議員も拉致問題を情報発信してほしいと要望した」という。

曽我さんは昭和53年8月、母のミヨシさん(90)=拉致当時(46)=とともに佐渡市内で拉致された。曽我さんは平成14年に帰国。ミヨシさんは帰国を果たしていない。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に

  5. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声