カラスによる停電多発 東北電新潟支社、GWも警戒

産経ニュース
電柱上部に作られたカラスの巣(東北電力ネットワーク新潟支社提供)
電柱上部に作られたカラスの巣(東北電力ネットワーク新潟支社提供)

新潟県内でカラスが電柱の上に巣を作ることによる停電が多発している。昨年は過去10年間で最多となる年間18件発生。新潟市の市街地では昨春、約1800戸が停電に見舞われた。営巣活動は5月中旬まで続くため、送配電を担う東北電力ネットワーク新潟支社は大型連休(GW)中もカラス対策に追われている。

新潟県内のカラスの営巣による停電発生件数
新潟県内のカラスの営巣による停電発生件数

最大規模の停電

県内のカラスの巣が原因の停電は毎年発生。年によってばらつきはあるものの、十数件前後の高い水準で推移している。昨年4月17日には、市街地の新潟市中央区上大川前通で1766戸が停電。カラスの営巣が原因の停電としては最大規模となった。

カラスは繁殖のための営巣活動を3月からGW明けを中心に行う。巣の主な材料は木の枝などだが、賢いとされるカラスは強風などで動かないよう針金ハンガーをマンションのベランダなどから持ってきて、巣を固定しようとする。同社新潟電力センターで配電設備の保守管理を担当する伊藤誠一課長によると、これが停電を引き起こすという。

「巣が作られる電柱上部には黒いカバーで覆われた電線の接続部があり、カラスはそこに針金ハンガーの先端を引っかけ、巣を固定しようとする。針金が電線の接続部に接触すれば漏電が起き、変電所のブレーカーが自動的に作動して送電が止まり、停電が起きる」

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図