中日・大野雄、史上初の延長完全試合を逃すも「記録なんてどうでもいい。勝ってよかった」

サンスポ
十回、佐藤輝に二塁打を浴びる大野雄(撮影・宮沢宗士郎)
十回、佐藤輝に二塁打を浴びる大野雄(撮影・宮沢宗士郎)

(セ・リーグ、中日1―0阪神、6回戦、中日4勝2敗、6日、延長十回、バンテリンD)0―0の延長十回1死満塁。勝利を決める打球が中前に抜けると、アイシングをしていた中日・大野雄は両手にペットボトルを持ってベンチを飛び出し、殊勲の石川昂に水をかけた。もう少しで球団初の完全試合という、見事すぎる10回1安打完封劇だった。

「10回を投げて、最後に(石川)昂弥が決めてくれて、全てが報われたというか。記録なんてどうでもいいので、勝ってよかったです」

一回に近本から見逃し三振を奪い、ショーが幕を開けた。直球に鋭いフォークとキレ味十分のツーシームを織り交ぜ、虎打線を圧倒。2019年9月14日の阪神戦(ナゴヤドーム)で成し遂げたノーヒットノーランを超える完全試合の偉業へ、ついに一人の走者も出さずに27人を封じた。

投げ合う青柳も竜打線を散発2安打に封じ、援護のないまま延長戦に突入。十回2死でついに佐藤輝に中堅右を破られ(記録は二塁打)、場内は悲鳴に包まれた。

それでも左腕は「ホームランじゃなくてよかった」と冷静だった。一塁が空いている状況で4番・大山と勝負し、直球で二飛に料理して役目を全う。熱投に打線が応え、歓喜の瞬間は訪れた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」