ロシアのフリゲート艦また沈没か 巡航ミサイル命中 露苦戦自覚「戦勝記念日までのマリウポリ完全制圧困難」…プーチン氏は何を語るのか?

zakzak
黒煙が上がるマリウポリのアゾフスタリ製鉄所(ロイター)
黒煙が上がるマリウポリのアゾフスタリ製鉄所(ロイター)

ウクライナメディアは6日、南部オデッサ沖の黒海海域で、ロシア海軍のフリゲート艦「アドミラル・マカロフ」に、ウクライナ軍の新型対艦巡航ミサイル「ネプチューン」が命中し、炎上したと伝えた。沈没した可能性もある。4月にロシア黒海艦隊の旗艦「モスクワ」を沈没させたのに続く、ウクライナ軍の大戦果といえる。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は9日の独ソ戦戦勝記念日で何を語るのか。

アドミラル・マカロフは、ロシア黒海艦隊の所属で、2017年に就役した新型艦だ。世界各国の軍事情報を収録するジェーン年鑑によると、基準排水量3620トンで、乗組員190人という。

オデッサの地元メディアによると、炎上した同艦の上空をロシア軍機が旋回し、ロシアが14年に併合した南部クリミア半島から救助船が向かったという。

ウクライナ軍のネプチューンが命中したとされるロシア艦は、モスクワに続き2隻目だ。モスクワは1983年の就役だが、2017年に就役したアドミラル・マカロフまで沈没すれば、ネプチューンの高い威力を裏付けることにもなる。

軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「アドミラル・マカロフにも、最新の対空兵器を搭載していたとみられる。ロシア当局は否定しているが、ネプチューンがロシア艦に打撃を与えている可能性は高い。最大射程は300キロとみられ、ロシア軍のオデッサ攻略を阻むうえで、高い効果を発揮している」と解説する。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛