BOOK

政治や経済、社会の現状 国民は実感できていない 利権と惰眠をむさぼる政治家・官僚らをブッた斬る 作家、大学教授・島田雅彦さん『パンとサーカス』

zakzak

国土が焦土になっても抵抗する覚悟…ウクライナはひとごとではない

――本作では現在の「日米同盟基軸」ではない、ある形の政体を目指すとある。スイスのようなイメージでしょうか

「永世中立国・スイスのことも随分調べました。ヨーロッパの真ん中にあって常に侵略の危険性と隣り合わせ。だからもしも侵略されたら、国土が焦土になっても抵抗するという悲壮な覚悟があるのです。それに近い覚悟は必要かもしれません。(ロシアに侵略された)ウクライナのことはひとごとではないのです。ただ、僕の中で結論はでていません。まだ『試行錯誤中』と言っておきます」

――島田さんの作品にはタブーに挑んだ作品も多い。民間から皇室へ嫁いだ女性の恋を描いた『無限カノン』シリーズ(2000年~)とか

「書き始めたころは〝タブー感〟があったかもしれませんが、今はそうじゃない、と思いますよ。僕は天皇、皇后もどんどん政治的発言をすべきだと考えてますから。(主人公の女性は)皇室の中で結局、何もやらせてもらえず、ひどいバッシングも受けた。だからといって皇室を離れることもできない…そりゃあ病気にもなりますよ。だから小説の中で〝復讐(ふくしゅう)の代行〟をしたのです。別に頼まれた訳じゃないですけど(苦笑)」

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗