竜将一問一答

大野雄に立浪監督「勝ちがついたことが何よりもよかった」

サンスポ
中日・大野雄(左)を迎える立浪監督(撮影・水島啓輔)
中日・大野雄(左)を迎える立浪監督(撮影・水島啓輔)

(セ・リーグ、中日1―0阪神、6回戦、中日4勝2敗、6日、延長十回、バンテリンD)中日は大野雄が10回1安打完封し、十回に石川昂が中前サヨナラ打を放って勝利した。試合後の立浪和義監督(52)の主な一問一答は以下の通り。

【写真】大野、パーフェクトならずもサヨナラ勝ち呼ぶ快投

(TVインタビュー)

――熱戦を振り返って

「結果的にサヨナラで勝ちましたから非常にうれしいですし、大野雄が九回完全というところで、本当はあそこで勝ちがつけばよかったんですけど、ただ十回へは自分で『もう一回、行かせてくれ』と。(相手の)打順的にも上位からでしたから、ピンチの場面でよく踏ん張ってくれて、結果、勝ちがついたことが何よりもよかったです」

――大野雄の投球はベンチからどう見ていた?

「球も走っていましたし、ツーシームも非常によかったですし。(阪神・青柳と)両投手ですよね。本当に投手戦という、まさに。そういう両投手がいい投球をしていましたから、どっちが勝ってもおかしくなかったんですけども、最後、ああいう形で勝てたことが一つ、チームの力になっていけばいいなと思いますね」

――石川昂が試合を決めた

「あのケース(1死満塁)は外野フライでもいいわけですし、内角のツーシームがくるというところで。初球はファウルになったんですけど、よかったなと。打ちに行った結果、少し甘くなった結果がいい方向に飛んだのかなと思います」

(囲み取材)

――大野雄は八回も打席に立った

「いろんな作戦を考えたんですけど、初球のファウルを見て、もしかしたらと、なんとなしに(思った)。実際にいい当たりを打ちましたし、がむしゃらな。あのまま勝ちがつかないと申し訳なかったですけど、結果、勝ちがついたので良かったです」

――連敗ストップ

「横浜で2つ嫌な負け方をしましたし、こことビジターではガラッと野球が変わってしまうんですけど。きょうはきょうで良かったですけど、ビジターでも強くなれるように、チームも力をつけていかないといけないと思っています」


  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走