朝晴れエッセー

初めて席を譲られた日・5月4日

産経ニュース

その瞬間、思考が止まってしまった。

帰宅中の地下鉄で、斜め前に座っていた大学生くらいの男子がすっと席を立ち、「どうぞ」みたいなしぐさをしている。親切な子だなぁとひとごとに思っていたら、譲られているのは自分だった。あれほど頭が真っ白になってしまったことはないかも。えっ、私?と固まった後、にっこり笑っている彼に「大丈夫です」と反射的に言ってしまった。彼は座り直した。

本当に申し訳なかった、と後になって思う。「もう二度と席なんて譲るものか」と彼の親切心を打ち砕いてしまったかもしれない。千代田線(日暮里付近)の彼、ごめんなさい。伏して謝ります。どうかこれからも、優しい気持ちを持ち続けてください。

そうは言っても、自分が席を譲られたことが、ものすごくショックだ。そりゃついこの間還暦になったけど、運動していて身体能力は自称40代、何なら席を譲る側だと思っていたから。でも見た目はおばあちゃんなんだなぁ、と自分を納得させられない。

彼が見たことのないゲーム機を操作していたので、ついついガン見してしまっていたのが、座りたいオーラに見えちゃったかな。最近髪に入れた無数のハイライトが白髪に見えちゃったかなとか、言い訳はつきないのだ。

今夜は眠れそうもない。でも決めた。次回譲られたら、満面の笑みで「ありがとう」と言い座ろう。思いやりあふれる日本にするために。

渡辺かをる(60) 東京都荒川区

 


  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に