巨人のチーム最年長、39歳の中島宏之が代打で決勝二塁打 「おいしいところだけいただきました」

サンスポ
ヒーローインタビュー後にガッツポーズする巨人・中島宏之=マツダスタジアム(撮影・斎藤浩一)
ヒーローインタビュー後にガッツポーズする巨人・中島宏之=マツダスタジアム(撮影・斎藤浩一)

(セ・リーグ、広島3―6巨人、8回戦、巨人5勝3敗、4日、マツダ)巨人のチーム最年長39歳の中島宏之内野手が同点の七回1死三塁に代打で登場。左翼線へ決勝の適時二塁打を放った。ヒーローインタビューでは「何としても点を入れるという思いで、おいしいところだけいただきました」と笑顔を見せた。

今季の得点圏は打率・400、11打点。4月27日のDeNA戦(横浜)でも決勝の1号満塁弾を放ったように勝負強さが光っている。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終