虎のソナタ

六甲の急勾配並みハイペースで 2勝1敗ペースで6月上旬5割復帰や

サンスポ

「僕も楽しみにしています。入社1年目の2018年に、才木投手が巨人戦でプロ初勝利を挙げた試合(5月27日、観衆4万6611人)を取材しました。大入り満員の甲子園球場での取材はそれ以来になるんです」

先発投手陣の練習を取材していた織原祥平です。初戦に先発する西勇も第2戦の秋山も中5日での登板になりますが、金村投手コーチは「2人ともそんなに投げていないから」と心配していなかったそうです。

「西(勇)さんは、巨人戦で好投した(西)純矢投手のことにもふれて『あのくらいのピッチングはできると思っていたよ』と話していました。純矢投手も、きのうの試合後と同じように笑顔で楽しそうに動いていました。フェンス越しに声をかけたときも『ありがとうございます』と声が弾んでいました」

巨人に3連勝して今季初の6連勝。選手も笑顔、ファンも盛り上がる中、「(試合がない)月曜日をこういう気持ちで迎えられるのは久しぶりです」とうなずき合っていたのが、トラ番キャップ長友孝輔とベテラン編集委員三木建次です。

「コロナ陽性で離脱していた藤浪や伊藤将がもうすぐ戻ってくる。戦力はまだまだ上がっていくから」

ビヤ樽の言葉に私もうなずいていました。2勝1敗ペースでいければ、借金10は10カードで完済できます。交流戦4カード目の6月上旬(3-5日、日本ハム戦)に勝率5割復帰。急勾配の登山道並みのハイペースではあるけれど、好調ないまの阪神に満員のファンがさらに勢いをつけてくれれば、決して夢ではありません。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」