「ちむどんどん」比嘉家にまで押しかける下地響子にツッコミ殺到「ほぼなまはげ」「もはやトムとジェリー」

iza
左から暢子(黒島結菜)、下地響子(片桐はいり) (C)NHK
左から暢子(黒島結菜)、下地響子(片桐はいり) (C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第17話が3日、放送され、音楽教師の下地響子役を演じる女優、片桐はいりの怪演ぶりに視聴者の注目が集まった。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く同作。主人公の比嘉暢子を女優の黒島結菜が演じ、その家族として仲間由紀恵、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌が出演。語りをジョン・カビラが務める。なお、タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

ドラマは第4週「青春ナポリタン」(16~20話)が放送中。この日は、三女・歌子(上白石)の歌の才能を見抜いて彼女につきまとっていた下地がとうとう、比嘉家まで押しかける様子などが描かれた。

下地は歌子が通う高校の音楽教師で、目をつけた生徒を徹底的に指導する熱いタイプ。音楽を強烈に、こよなく愛している。一方の歌子は、歌が大好きだが恥ずかしがり屋で、家族以外の人前ではなかなか歌うことができなかった。そんな彼女は毎朝早く学校へ行き、誰もいない音楽教室でひとりで歌の練習をするのが日課になっていた。その姿を下地が目撃。歌子の美声に惚れ込み、以降、校内で歌子のことを追いかけまわすようになった。

逃げる歌子を下地が必死の形相で追い回す“ドタバタ劇”はすでに視聴者の間でおなじみとなっているが、この日はついに下地が歌子の家までやってきた。

暢子と歌子が自宅で会話していると突然、「ごめんください!比嘉歌子さんのお宅でしょうか」との甲高い声が響いた。ドアの隙間から覗くと、表には下地の姿が。歌子は暢子に「いないって言って」と伝えると、急いで戸棚の中に隠れた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛