神出病院虐待「患者の人権軽視」 第三者委報告書

産経ニュース
神出病院の患者虐待事件に関する調査報告書について、記者会見する第三者委=2日午前、神戸市
神出病院の患者虐待事件に関する調査報告書について、記者会見する第三者委=2日午前、神戸市

神戸市西区の精神科病院「神出病院」で、元看護師ら6人が患者への虐待を繰り返したとして準強制わいせつなどの罪で有罪判決を受けた事件で、病院は2日、弁護士らによる第三者委員会が作成した「患者の人権を軽視する風土の中で事件が発生した」とする調査報告書を公表した。

第三者委は事件の背景を巡り、病院を運営する「兵庫錦秀会」前理事長で、日本大学医学部付属板橋病院を巡る背任事件で起訴された籔本雅巳被告(61)の利益重視の意向や高額な役員報酬も問題視。平成20~令和元年度に計約17億円が支払われたが、一部は職責に見合っておらず、病院の修繕費などに充てるため返還を求めるとした。

判決などによると、6人は平成30年から翌年にかけ、逆さにした柵付きベッドを入院患者にかぶせて閉じ込めたり、患者の陰部に塗ったジャムを別の患者になめさせたりしたなどとして、実刑や執行猶予付き有罪判決を受けた。

報告書は、事件の主な原因として看護師らの減少や経費削減により設備が改修されず、職員らの負担が増加しストレス発散や患者への懲罰で虐待が行われていたと認定。エアコンの不具合でカビが繁殖した病室があった他、看護に必要な湯が出にくかったり、ナースコールが故障したまま放置されていたりなど、設備上の問題点も指摘した。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に