トヨタのEV「bZ4X」サブスク料金は月8万超、ネットの反応は? 「住宅ローン並み」「アリだと思った」

iza
トヨタの電気自動車「bZ4X」
トヨタの電気自動車「bZ4X」

トヨタ自動車は2日、同社の定額利用サービス「KINTO」で12日から提供を開始する新型の電気自動車(EV)「bZ4X」の月額利用料金について、最初の4年間を補助金適用で8万8220円(税込み)にすると発表した。同車の個人用販売はサブスクリプションサービスのみとなり、この金額を受け、ネットにさまざまな意見が寄せられている。

「bZ4X専用プラン」の契約期間は最長10年で、最初の4年間の月額利用料は10万7800円。国から交付される補助金(CEV補助金)を適用した場合は、8万8220円となる。このほか、居住地域によって地方自治体から補助金が交付されるケースもある。5年目以降はCEV補助金は適用されないが、月々の利用料は段階的に引き下げられる。

10年間に支払う合計金額は、補助金なしの場合は963万7320円、CEV補助金のみ利用の場合は869万7480円。契約にあたり別途、77万円の申し込み金がかかる。同プランには自動車保険や自動車税、車検代などの諸経費のほか、電池性能の保証なども含まれる。12日正午からネットや販売店で、年内に納車される3000台の申し込み受け付けを開始する。

この発表を受け、ネットには「高いな」「月額としては思った以上に高い印象。10年総額をみると、他の外車のEVを選択したほうが安い可能性が十分にある」「住宅ローン並みだな」「ちょっと頑張ればLEXUS買えますね」「電池劣化のリスクをトヨタが負ってくれるのは良いけどちと高いな」といった声が多数。競合他社を引き合いに「これならEVの実績豊富な日産のアリアにしよ」「これ見て、テスラを買う人が増えるのでは?」「もう少し(EVの)車種が増えてきたら、いろんなの乗れそうな気もする」「もう少し待とうかと思う」といった声が多く寄せられた。

一方で、「車両価格以上の価値をbZ4Xに感じたらアリだと思った」「全部ローンで買おうとしてる場合に比べたらKINTOは頭金の77万だけ借りてあとは経費込みの月額だから、10年で考えたら利息含めて安く済むんじゃないかと」「高すぎると言うコメントが多いけど、(トヨタが発表した参考価格が)650万する車なのだからKintoの月額が8万以上してもおかしくないとは思う」などと、価格設定に理解を示すユーザーも。ほかにも「bz4x運転してみたい」「欲しいなあ」などと興味を示すユーザーも散見された。

トヨタの電気自動車「bZ4X」
トヨタの電気自動車「bZ4X」
トヨタの電気自動車「bZ4X」
  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害