荒天予想の出航判断…沈没を回避できたか 社長の過失責任が焦点に

産経ニュース
家宅捜索を受けた「知床遊覧船」の事務所を出る桂田精一社長=2日夜、北海道斜里町
家宅捜索を受けた「知床遊覧船」の事務所を出る桂田精一社長=2日夜、北海道斜里町

北海道・知床半島沖の観光船「KAZU I(カズ・ワン)」の沈没事故で、第1管区海上保安本部(小樽)が2日、業務上過失致死容疑で運航会社側の家宅捜索に踏み切った。水難事故の立件には運航と事故との因果関係の立証が不可欠だ。今回の事故では出航判断や通信機器の不備などの安全管理体制上の問題が浮上しており、過失責任の所在が焦点になりそうだ。

業務上過失致死傷罪の成立には、①事故の危険を事前に予見できたか(予見可能性)②その結果を回避するため必要な措置を講じたか(結果回避義務違反)-を立証する必要がある。

容疑対象は運航会社「知床遊覧船」の豊田徳幸船長(54)と桂田精一社長(58)だが、海難事故に詳しい田川俊一弁護士は「操船ミスがあったとすれば、船長本人の立証は比較的簡単」とする一方、「出航を許した社長の刑事責任を問うための立証は難しいだろう」と指摘する。

会見での桂田社長の説明などによれば、同社では荒天の予報時にもツアーを実施する「条件付き運航」が常態化。運航基準を定めた「安全管理規程」に違反していた疑いが出ている。

だが、田川氏は「規程違反だけでは、社長の刑事責任を問えない。出航が沈没の原因になったという立証が必要になる」として、社長の立件は容易ではないとの見方を示す。

これに対し、「決め手はむしろ、沈没のリスクが予見可能だったのかどうか。その立証はそれほど難しくはないと思う」と語るのは、業過事件に詳しい元検事の高井康行弁護士だ。

福岡市沖の玄界灘で平成元年、瀬渡し船が沈没し釣り客8人と船長が死亡した事故では、実際に出航判断の妥当性が問われ、強風波浪注意報が発令されて他の船が出航を取りやめる中、船長が無理に出航したとして、被疑者死亡のまま船長が書類送検された。

今回事故が起きた4月23日は、知床半島一帯に波浪注意報が出ており、地元の漁船は出漁を見合わせていた。桂田社長は、豊田船長から「海が荒れる可能性はあるが大丈夫」などと報告を受け、状況に応じて途中で引き返す条件付き運航を決断。途中で引き返すかどうかは「船長の判断」と主張している。

高井氏は「社長は天候が悪化する可能性を認識しながら出航を認めた。にもかかわらず、出航後に船長に連絡し、天候や海の状況などを確認していない。事故を回避する義務を尽くしたとはいえない」と指摘。「管理過失」を追及されるのは不可避との考えだ。

浜松市の天竜川で23年、乗客ら5人が死亡した川下り船の転覆事故では、操船を誤ったとされる船頭だけでなく、安全管理義務を怠ったとして、操船を指導した船頭主任、運航会社社長らも書類送検された。ただ、社長は不起訴処分となり、船頭主任も公判で無罪が確定している。

カズ・ワンの船体は水深約120メートルの海底で見つかっており、引き揚げや鑑定は難航するとみられる。高井氏は「船体の鑑定は必要だが、沈没の主原因が荒天にあるとなれば、船の鑑定がなくても結果回避義務違反を認定することは不可能ではない」としている。

事故直前の訓練、把握せず 「素人社長」ぶれる説明

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」