井上尚弥がドネア戦に向けてスパーリング開始 フィリピン人3人がパートナー/ボクシング

サンスポ
アポリナル(左)とスパーリングを行う井上尚弥(大橋ジム提供)
アポリナル(左)とスパーリングを行う井上尚弥(大橋ジム提供)

プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(29)=大橋=が2日、横浜市の所属ジムでWBC王者のノニト・ドネア(39)=フィリピン=と再戦する日本選手初の世界主要3団体王座統一戦(6月7日、さいたまスーパーアリーナ)に向けた本格的なスパーリングを開始した。

今回はフィリピンから東洋太平洋スーパーバンタム級王者のピート・アポリナル(27)と、WBO世界スーパーフライ級10位のKJ・カタラハ(26)を招聘(しょうへい)。3月から拳を合わせている日本フェザー級20位のゼネシス・カシミ・セルバニア(30)=カシミ=を含めたフィリピン人3人がスパーリングパートナーを務める。

「海外のパートナーが久しぶりなので楽しみです。やっぱり同じ日本選手同士よりも、海外からパートナーを呼ぶと刺激がある」

海外からスパーリングパートナーを招聘するのはコロナ禍以前、2019年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ・バンタム級決勝で判定勝ちしたドネア戦前以来。この日はアポリナルと5ラウンドのスパーリングを実施した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」