阿炎が家族との生活を再開 自主謹慎も終了 「本来のかたちに戻れてうれしい」/夏場所

サンスポ
家族との〝新生活〟を再開させた阿炎(右)(日本相撲協会提供)
家族との〝新生活〟を再開させた阿炎(右)(日本相撲協会提供)

大相撲の関脇阿炎(27)が「新生活」をスタートさせ、心機一転で夏場所(8日初日、両国国技館)へ臨む。2日、東京・江東区の錣山部屋での稽古後に電話取材に応じた。「守るべきものが近くにある。気持ちを前へ向けないといけない。すごくいい方向へ向いている」。一家の大黒柱として、新たな自覚をにじませた。

一昨年7月場所中、日本相撲協会の新型コロナウイルス対策のガイドライン(外出禁止)に違反。3場所出場停止などの懲戒処分を受け、幕下まで転落した。処分期間中から部屋での謹慎生活に入り、同年6月に結婚したばかりだった夫人と長女(1)と別居。再入幕後も自らを戒め、部屋で暮らしていた。

3月の春場所では千秋楽に8勝目を挙げ、勝ち越し。関脇の地位を守った。そして、このほど新居を手に入れ、約1年9カ月ぶりに家族との生活を再開させたという。「(同居して)まだ2、3日。本来のかたちに戻れてうれしい」。パパとして「お風呂を担当させてもらっている」と、娘の世話を焼く。

4日は28歳の誕生日。長女が生まれて初めて3人一緒で迎えるメモリアル。夏場所では「家族を安心させるためにも強い自分をみせられたら」。環境は、人をかえる。(奥村展也)

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害